だれもが安心して神奈川で暮らせる居住環境づくりと、福祉の向上を目指します。

神奈川県居住支援協議会のホームページ

高齢者や障害者、外国人、子育て世帯などの
円滑な賃貸住宅探しや安心居住をサポートします!

住まい探しで困ったら…
まずはネットで情報収集
  暮らしの先行きに不安を感じている…
居住支援制度のご紹介
  • 英語はこちら
  • 中国語はこちら
  • 韓国・朝鮮語はこちら
  • スペイン語はこちら
  • ポルトガル語はこちら
 

[市町村の居住支援協議会]

その他の耳寄り情報はこちら

  • 空き家予防セミナー・相談会 〜住まい“も”終活〜
    二宮町・逗子市で空き家予防のセミナーと相談会を開催します。
     少子高齢化で急増する「空き家」の問題。せっかくの財産を「負の遺産」にしないためには早めの対策が大切です。神奈川県居住支援協議会では、空き家リスクから家族を守る方法が学べる無料のセミナーと個別相談会を、2会場で開催いたします。開催概要は下記の通りで、いずれも参加無料で定員は30人程度。事前の申し込みが必要です。

    【二宮会場 1月24日(金)】
    会 場:二宮町町民センター 2Aクラブ室(中郡二宮町二宮961)
        →→→ ちらし兼参加申込表ダウンロード pdf版(218KB)

    【逗子会場 2月9日(日)】
    会 場:逗子文化プラザ 市民交流プラザ(逗子市逗子4-2-10)
        →→→ ちらし兼参加申込表ダウンロード pdf版(189KB)


  • 『皆でつながって居住支援〜住宅確保要配慮者居住支援法人ガイドブック〜』を作成しました。
     神奈川県居住支援協議会・居住支援部会では、「新たな住宅セーフティネット制度」において神奈川県から指定を受けた居住支援法人が実施している活動内容を、広く周知するとともに、居住支援法人相互の情報交換にも活用していただくツールとして、『皆でつながって居住支援〜住宅確保要配慮者居住支援法人ガイドブック〜』を作成いたしました。
     県内の居住支援法人の活動内容を知っていただき、繋がることで悩みや不安が解消されるように、有効に活用していただければ幸いです。

    →→→  pdf版(7.45MB)のダウンロード

    →→→ 郵送を希望される方は事務局(TEL.045-664-6896、かながわ住まいまちづくり協会内)へお問い合わせください。


  • セーフティネット住宅の登録を支援します。
     セーフティネット住宅とは、お持ちの賃貸住宅の空き室等を「住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅」(セーフティネット住宅)として県などに登録し、有効活用する制度です。
     神奈川県内の住宅の登録は、「公益社団法人 かながわ住まいまちづくり協会」が県などから指定登録機関の指定を受け、行っています。
     登録については、基本、国のHP「セーフティネット住宅情報提供システム」(検索キーワード:「セーフティネット住宅 登録事業者」)で、申請書を作成いただいておりますが、システムへの入力方法がわからない、煩雑といった意見があります。そこで、神奈川県居住支援協議会では、システムへの入力が難しいという方へ、申請書の作成等、登録作業の支援を行っています(協力:神奈川県行政書士会)。
     登録の手続き等の詳細及び申請書作成のご依頼については、神奈川県居住支援協議会事務局(TEL:045-664-6896)までお問合せいただくか、裏面をFAX(FAX:045-664-9359)してください。
     (申込期限:令和元年12月25日(水)まで:費用無料)

    ■制度全般について、全国の登録情報を見る
    「セーフティネット住宅情報提供システム」HP

    ■セーフティネット住宅 (住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅) 登録・閲覧制度のご案内
    「かながわ住まいまちづくり協会」HP

    登録の支援をうける方(チラシをダウンロードして裏面を記入の上、神奈川県居住支援協議会事務局へFAXしてください。)
    →→→→→  ちらし(pdf、230KB)ダウンロード


  • 「かながわ住まいの情報紙」(pdf版)をダウンロード閲覧できます
    これまで神奈川県が発行していた公的賃貸住宅の入居募集情報紙を、平成28年度から当協議会が引き継ぐこととなりました。
    公営・公社・UR・特優賃・高優賃および、あんしん賃貸住宅、サービス付き高齢者向け住宅の情報を掲載し、市町村役場や県の機関などで配布していますが、ホームページからもバックナンバーをダウンロード閲覧できるようにいたしましたので、有効活用してください。年4回のうち1回は保存版冊子として、県内のあんしん賃貸住宅、サービス付き高齢者向け住宅の全物件情報を収録しています。
    第61号/2020年1月発行  (通常版12頁、1.9MB)
    第60号/2019年11月発行  (通常版12頁、2.7MB)
    第59号/2019年9月発行  (通常版12頁、3.2MB)
    第58号/2019年7月発行  (保存版、4.0MB)
    第57号/2019年2月発行  (通常版8頁、2.5MB)
    第56号/2018年11月発行  (通常版8頁、2.5MB)
    第55号/2018年9月発行  (通常版8頁、2.4MB)
    第54号/2018年7月発行  (保存版、3.9MB)
    第53号/2018年3月発行  (通常版8頁、2.4MB)
    第52号/2018年1月発行  (通常版8頁、2.4MB)
    第51号/2017年11月発行  (通常版8頁、2.3MB)
    第50号/2017年9月発行  (通常版8頁、2.2MB)
    第49号/2017年7月発行  (保存版、3.4MB)
    第48号/2017年3月発行  (通常版8頁、2.2MB)
    第47号/2017年1月発行  (通常版8頁、2.2MB)
    第46号/2016年11月発行  (通常版8頁、2.2MB)
    第45号/2016年9月発行  (保存版、3.5MB)

  • 国交省「民間住宅活用型住宅セーフティーネット整備推進事業」
      →補助を受けた賃貸住宅の情報はこちらをご覧ください。
      →事業について知りたい方はこちらをご覧ください。

  • 2011年10月3日〜公開中
  • 高齢者や障害者、外国人世帯等にお貸しできる賃貸住宅や、公的賃貸住宅の募集情報をご希望の条件に応じて検索できます。
◆空き家所有者向け   《空き家相談窓口》   開設しました。
○空き家を所有していて、どのように活用したらよいかわからない・・・
○空き家を売却・賃貸したいが、どこへ連絡すれば?
○親の住宅を“空き家”にしないために、どのような対策が必要なの?
○空き家を地域に活用したい!                                             など
空き家を所有している皆様の悩みをお受けします!
ご相談に応じて専門家による相談対応も可能です。
相談は、電話・FAX・メールで受け付けます。
☆電話(専用)  045−664−6901
(受付時間10:00〜12:00・13:00〜16:00 土日祝日休み)
☆FAX     045−664−9359
☆E-mail(専用) akiyasoudan@machikyo.or.jp

空き家所有者の皆様へ:問題解決のヒント集(3部作)ができました。
★賃貸・売買・活用 編
★権利調整 編
★有効活用 編

空き家対策取組Q&Aができました。
★こちらをクリック

こちらもご活用ください! 空き家相談協力事業者登録制度:118社の事業者さんが登録しています(2020年1月15日更新)。
★一覧リストを見る
◎登録事業者は随時募集しています
空き家問題対策分科会では、2014年3月7日から開始した「空き家相談窓口」の機能をいっそう充実させ、相談結果を踏まえた相談者のニーズに応え、もって空き家の適正管理と利活用を促進するために、空き家相談協力事業者登録制度を創設しました。
空き家の管理・活用に関連する事業者・団体について、空き家相談窓口事業の趣旨にご賛同・ご協力いただける事業者・団体様を、以下の分野別に登録することで、相談者からの要望に応じて、該当する分野の登録事業・団体を相談者に紹介するほか、本協議会のホームページにも広く公表していきます。
なお、登録には誓約書等の必要書類が必要となり、一定の審査を行います。
    【登録分野】
  1. 管理・流通分野(管理、売買、賃貸 等関連事業)
  2. 建物調査分野(建物調査、劣化・耐震診断・インスペクション 等関連事業)
  3. リフォーム分野(解体・リフォーム 等関連事業)
  4. 権利調整分野(相続人調査、登記手続、権利調整 等関連事業)
  5. その他分野(上記4分野以外で空き家の管理・利活用に関連する事業)

登録を希望される事業者様は以下の登録申請書兼登録事業者概要(記入例参照)・誓約書をダウンロードして事務局まで郵送してください。
   →登録申請書兼登録事業者概要    excel版
   →記入例    pdf版
   →誓約書    pdf版


自治体担当者向け「空き家相談テキスト」を作成しました。

空き家問題は、利活用の課題のみならず、防災・防犯、景観、地域活性化等の様々な課題が重なるため、多様な視点での解決が必要となり、相談に対応する人材のスキルアップが不可欠です。同時に、切り口が多様な空き家の課題に対し、空き家問題に対する課題の取りこぼしを防ぐための対策も必要となる。そこで、神奈川県居住支援協議会では、平成30年度の空き家問題対策分科会事業として、自治体担当者が様々な切り口で寄せられる空き家問題の相談に対応すべく、空き家相談の一元化と汎用化を図ることを目的に、国土交通省から「空き家対策の担い手強化・連携モデル事業」補助を受け、分科会員と空き家相談協力事業者有志の協働により、自治体職員向けの「空き家相談テキスト」を作成しました。

★「テキスト」(pdf版)のダウンロード
空き家調査・利活用マニュアルを作成しました。

平成28年度の空き家問題対策分科会事業として、国土交通省から「先駆的空き家対策モデル事業」補助を受け、分科会員と空き家相談協力事業者有志の協働により、空き家調査・利活用に関する以下の3つのマニュアルを作成しました。
空き家関連の事業を実施している皆様、空き家の調査、所有者特定とその後の対応においてご活用ください。

★特定空家等の判断基準マニュアル(案)
★空き家所有者特定手法マニュアル(案)
★空き家の内部動産処分・管理手法マニュアル(案)
◆「居住支援ガイドブック2016」を作成しました。
住宅確保要配慮者の居住支援ニーズへの的確かつ迅速な対応を図るために、入居前の支援内容情報・入居後の支援内容情報を、住宅確保要配慮者の対象者別やエリア別に整理しました。
居住支援活動にご活用ください。